ユニバーサルツーリズムとは?

  • 高齢で、電車の乗り継ぎが面倒・・・
  • 車いすでの移動が困難で、ずっと旅行に行っていない・・・
  • 子どもの授乳、オムツの交換、ベビーカーでの移動が困難で、
    なかなか外に出れない・・・
ドアツードアのタクシーが、そんなお悩みを解決いたします!
高齢者や障がい者の方々、また小さいお子様がいて外出が困難な方々の
ご要望にお応えいたします。





車いすのまま乗車でき、これまでのタクシーよりもたくさんの荷物を載せることのできる特殊な車両により、特別の研修を修了したドライバーが、「おもてなしの心」で皆様をご案内致します。 車いす、チャイルドシート、ベビーカー、授乳カバー、だっこひもなども、当社でご用意できます。
(※有料となります)どうぞお問い合わせ下さい。


ユニバーサルツーリズムとは?

※ユニバーサルツーリズムとは、「すべての人が楽しめるように創られた旅行であり、 高齢や障がい等の有無にかかわらず、誰もが気兼ねなく参加できる旅行」を意味します。


日本が抱える大きな問題として、少子高齢化による人口の減少があります。 各業界でその対策が叫ばれておりますが、平成9年に介護保険法が制定され、 改正高年齢者雇用安定法が平成25年4月1日から施行され、男性の平均寿命も80歳を 越えたこれからの世の中で、公共交通機関としてより公共性の高いドアツードア輸送、 場合によってはベットツーベット輸送の出来るタクシーは、成長産業であると考えております。 これからの時代は障がい者も高齢者も街に出て、買い物をしたり、映画を観たり、野球を見たりして、 元気に生活出来る社会になるだろう、障がい者や高齢者がもっと街に出やすくなるようになれば 健康寿命も延びるはずとの思いから、当社は平成11年に神奈川県で初めて ユニバーサルデザインタクシーを導入致しました。
平成25年にはユニバーサルデザイン推進都市である川崎市に全国初の ユニバーサルデザインタクシー対応乗り場を整備していただき、更には川崎市、川崎観光協会とタッグを組み、 障がい者・高齢者の方々に話題の川崎工場夜景観光を楽しんで頂けるというツアーを実現致しました。 タクシーが福祉輸送を担うことは、助成金に頼らない福祉輸送が出来るということで、 今の世の中に正に必要とされている取り組みではないかと考えております。平成32年の 東京オリンピック・パラリンピック成功の一翼を担う覚悟で、障がい者・高齢者の方々が 元気な日本を世界にアピールできるよう、私共は力を注いでまいります。
※ユニバーサルデザイン(UD)タクシーのご案内はこちら



ページトップへ行く